在宅療養支援診療所

業務を開始するにあたり

平成18年度の医療保険制度の改正により、これからの在宅ケアと在宅医療の中心的役割の担う目的として在宅療養支援診療所が設置されました。

在宅で療養され医療を必要とされている方とそれを支える家族が、不安なく毎日を過ごされる為には、24時間体制で細やかな医療を提供出来る状況が必要です。
この為には、複数の医療機関による緊密な切れ目の無い連携が必要です。
しかしながら現状は、在宅療養される方にとって本当に必要な医療やケアを提供される事ができず、不必要な入院や施設入所をされる方が多数いらっしゃいます。
このような状況を解消でき、安心して在宅療養をされ、可能な限り家族との大事な時間を過ごせる事を願い、当院でも在宅療養支援診療所としての業務を平成18年6月より開始する事と致しました。 


業務の概要

当該診療所において、24時間連絡を受ける医師または看護師は下記の通りです。
【連絡をうける担当者】 伊藤内科医師 伊藤 勇、伊藤 哲
当該診療所において、または他の保険医療機関の保険医との連携により当該診療所を中心として24時間往診が可能な体制を確保しました。
【往診体制】 2名交代制で担当
【担当医及び連携保険医】 伊藤 勇、伊藤 哲、岩下悦郎
当該診療所において、または他の保険医療機関、訪問看護ステーション等の看護職員との連携により、患家の求めに応じて当該診療所の医師の指示に基づいて24時間訪問看護の提供が可能な体制を確保しました。
【連携機関】 (社)所沢市医師会訪問看護ステーション

24時間の安心

夜間深夜緊急時当該診療所に連絡しても、万が一不通の場合、所沢市医師会訪問看護ステーション代表電話に連絡すると当番のものが所持している携帯電話に つながるようになっております。
24時間対応可能です。
その後、担当者より医師に連絡される事になっております。

+ HOME +